店長必見!AIを飲食店に導入することで得られるメリットとは

 

飲食業界をはじめ、人手不足に悩む様々な業界においてAIの導入が注目を集めています。
その一方で「AIを導入したらどのようなメリットがあるのか?」、「AIは実際にどのようなことができるのだろうか?」と疑問を持つ経営者や店長も少なくありません。

ここでは「AIを導入することで店舗が得られるメリット」を中心にご紹介します。
人手不足で満足なシフトが組めずに困っている店長や飲食業界の将来に明るい兆しを感じたい従業員には朗報となるはずです。

AIで人手不足を解決!接客にも対応できるスマートスピーカー

接客面で注目を集めているのが「スマートスピーカー」です。
具体的には、オーダーや質問をお客様がスマートスピーカーに話しかけることで対応します。最近ではAlexaが導入された居酒屋がニュースで話題となりました。
スマートスピーカーにはAIが内蔵されているため、接客を繰り返すことで「このお客様は、〇〇を欲しがっている」など傾向を的確に把握できるようになります。

もし、AIが本格的に接客にも加わってくれれば、ギリギリの人数で回しているホールなど余裕を持って対応できるようになるはずです。
このように長い目で見たときに、飲食業界においてAIは人間の仕事をサポートする上で欠かせないパートナーともいえます。

飲食業界の働き方改善にも一役

AIの導入は、従業員の業務効率化だけでなく、店長クラスが本来取り組まなくてはならない業務に注力する上でも重要です。
店長の右腕を任せられるといっても過言ではありません。
それは店舗接客を任せることはもちろん、在庫管理や発注などもAIにお願いすることが可能だからです。
これは決して店長や従業員の仕事をAIが奪っているわけではありません。
業務量増加で仕事が円滑に回りにくい飲食業界において、負担や負荷が高い仕事をAIに任せることで、本来の仕事に集中する環境が作れるようになるからです。
飲食業界は「休みがない」、「肉体労働で辛い」という理由から、離職する人が少なくありません。
このようにAIを使って働く環境を変えることで、労働力の確保にも一役買っているのです。

AIを活用できる店舗が将来生き残る!


ここまでの紹介からAIの重要性や必要性というのは、実感してもらえたかと思います。AIは飲食業界において、パートナーとなるべき存在です。
さらにいち早くAIを取り入れることは、顧客への話題性やアピールにもつながります。
AIを恐れるのではなく、どのようにして共存をしていくかを早い段階で考えられた店舗は、業界で一歩リードしているといっても過言ではありません。

まとめ

今回は、飲食業界においてAIを導入するメリットについてご紹介しました。
AIはまだまだ未知な部分があるため、存在自体を恐れている人が少なくありません。
飲食業界において「なぜAIを早期で導入した方がよいのか?」、「AIと共存するメリット」を今から考えて置くことは、
変化の波が激しい飲食業界において生き残っていく上で重要なのはもはや言うまでもありません。

飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。