山本に学べ。プロナレーターによる話し方のコツ#2

 

新年あけましておめでとうございます。
ナレーター・レポーター・MC・音楽講師の山本美沙です。
本年もよろしくお願い致します。

前回は私のお仕事について書かせて頂きましたが、今回は私の経歴についてお伝えします。

教育大学卒の音楽講師!!


私の紹介文に「音楽講師」とありますが、実は愛知県の教育大学音楽科声楽専攻卒です。
『名古屋二期会』というプロの集団で、オペラ出演などもしていました。

教員免許は小・中高(音楽)持っており、元特別支援学校教諭です。

■特別支援学校でリトミック(音楽教育)を教える
MCナレーター・レポーターで『元教員』は珍しいらしく、興味を持って頂く事が多いです。
「人を育てる」教員のお仕事は大好きだったのですが、私に公務員は合わず(笑)

今は形を変えて、障がいを持っている子にリトミック(音楽教育)を教えています。
彼らは正しい言葉で伝えないとちゃんと動けないし、こちらが勉強になります。

あとはピアノ、ボイストレーニングなどを教えています。

■飲食に通じるコト
飲食人の方々も「人を育てる」のも大事な仕事ですよね。
「伝え方」「言葉遣い」「気遣い」
一つでその人との関係も有効に保つ事が出来たり、能力を伸ばしてあげられる事が出来ます。

良い仲間と良いお仕事をしていれば色んな所に現れますよね。

指名されるイベントコンパニオンとして活動


教員を退職して音楽講師をしたり、モデルやイベントコンパニオンのお仕事をしていました。

イベントコンパニオンのお仕事も大好きで、インセンティブなど無いのですがとにかく「数(ブースに来ていただいた人数、アンケートの獲得数)」を上げようと努力し、「山本を使うと記録更新する」と言っていただき、ご指名を頂く事も多かったです。

あっ、イベントコンパニオンは宴会などにいるお姉さんと勘違いされますが、展示会で誘引や受付をしたり、式典て黒盆を持ってアテンドしていたりするお姉さんです。

■ステージで輝くMC・ナレーターに憧れて転向することを決意
展示会でイベントコンパニオンとして勤務している時に、一際輝いて見えたのはステージに立つナレーターさん!

沢山の人を集め、堂々とプレゼンをする先輩の姿に「このお仕事がしたい!」とMC・ナレーターに転向する事を決意しました。

「特別の日」を演出できるMC・ナレーターとして奮闘中!


しかし元々私がいた名古屋ではお仕事が少なく、先輩からなかなかお仕事が降りてきません。
仕事の幅を広げたくて東京進出!

愛知県の車生活から東京の電車生活へ。
分からない事、慣れない事も多く・・・

そして、名古屋から来た私の仕事振りをマネージャーに認めてもらえる様に、一つ一つのお仕事を120%の力を出して務めています。

■「気遣い」や「工夫」の積み重ねを大事に
私たちのお仕事は基本「ハレの日」のお仕事です。
私たちにとっては日常でもクライアント様やお客様は楽しみにしていた「特別の日」です。

飲食店も同じで、外食はその人にとっては「特別な日」かもしれませんよね。
「ちょっとした気遣いや工夫」もちゃんと伝わると思って、その積み重ねを大事にしています。

1日1日を大切にしていきましょう!

次回からシリーズで3回「アルバイトに好感を持たれる話し方」についてコラムを書かせて頂きます。お楽しみに♪

山本美沙(ナレーター・レポーター・MC、音楽講師)
Instagram
https://www.instagram.com/misa04ray/
オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/misaray/

山本美沙 (ナレーター・レポーター・MC)

愛知県出身.大学では音楽科声楽専攻、ピアノはプロ並みでオペラ出演の経験も. 大学卒業後、教師を経て、現在はナレーター・レポーター・MCとして活動. とても明るいハキハキしたお姉さんです.今回飲食人研究所のために、話し方やコミュニケーション、飲食メンズイケメン計画など、『話す』カテゴリーでアドバイスを頂くことになりました. 飲食人研究所TVなどの動画では、突撃レポーターとしても参戦して頂いています.プロから学んで飲食人のレベルアップ・スキルアップなど、皆さんの成長の一助になれば幸いです.