itk笹澤佳世の転職活動のポイント@夏場の面接対策編

 

お元気さまです。
飲食人研究所の転職・就職担当をしています㈱itk笹澤佳世です!もう夏ですね。夏の転職活動は暑さとの戦いでもあります。今回は、夏場の面接対策編をお伝えします。

飲食人はスーツを着る機会が少ないですよね。夏用のスーツを持っていれば問題ないのですが、持っている方は実際は少ないと思います。Tシャツでも暑い時期に厚手のスーツを着るのはまさに拷問…オールドスタイル飲食店の厨房の灼熱地獄と同じような戦いになります。ですが、わざわざ購入するのはもったいないですので、何とかできるような作戦をお伝えします!

夏スーツとは?

夏スーツは裏地が付いておらず、風通しが良いスーツのことです。最近では自宅で洗えるスーツが登場するなど、お手入れも簡単な夏スーツが販売されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


動画就活2020さん(@meetus_17)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


LORD HOUSE 公式さん(@lordhouse_omss)がシェアした投稿

夏場の面接対策

作戦1

現地には30分前に到着して、面接会場を確認したら、一番近くの喫茶店、FF業態、FR業態のお店で時間まで涼みましょう。これ王道です。

その際の注意点は、喫煙席には行かないこと!
飲食人メンズは喫煙大好きな人が多いと思いますが我慢してください。スーツにたばこの臭いが付いて、面接官がタバコNGの人だとそれだけで印象が悪くなります。喫煙者を嫌う企業や面接官が多いのも実情です。あとはホットではなく、冷たい飲み物にしてくださいね。

作戦2

上着、ネクタイ、腕時計は付けないで、作戦1の実行をお願いします。トイレなどで身支度をすれば十分です。現地までの移動、慣れないスーツで汗だくになる人が非常に多いです。
そうならないためにも、面接までは出来るだけ涼しい感じで行きましょう。

注意点
ネクタイを締めるのに不安がある人は、携帯にサイトや動画をブックマークなどしておくと良いかもしれません。それでも不安な人は、緩く結んで作戦1を行ってください。

作戦3

ワイシャツの下にはTシャツを着ましょう。ワイシャツメーカーさんに聞くと、生地の肌触りを楽しむために直接着る、という意見もあります。最悪、汗の大洪水になった場合、地肌が透けてしまいますし、ベタベタなのが丸見えになってしまいます。ノースリーブやタンクトップではなく、白の無地Tシャツをお願いします。前者ですとワキ汗など丸見えになる可能性もあるので、普通の『無地のTシャツ』がベストです。

私の上司はTシャツを着ない派で、しかも大汗タイプ。夏場、一緒に外出する際は見ていて苦しいです(笑)「営業先でそれをネタにするからいいんだ」と本人は豪語していますが、見てる方は…(笑)

作戦4

面接会場のオフィスや面接室など、エコで温度設定が来客者にとっては地獄な鬼設定の企業が多いです。せっかく汗対策をしても、効果無しなんてこともあります…。
もし!面接会場で汗だくになってしまって、優しい来客対応の人が「暑いので上着を脱いでください」や「面接官が脱いでいいよ」という、神プレイをしてくれた場合は「ありがとうございます!」とお礼を言い、遠慮無く脱いでしまいましょう。でも必ずお行儀良くです。

注意点
・タオル、ハンカチの用意は必須
汗かきの人はタオルで、面接会場の時はハンカチを使ってください。ハンカチが無い人は、潔くタオルでもアリだと思います。その際、必ず綺麗な物を使ってくださいね。汚い、黄ばんでいる、しわくちゃなど、面接では清潔感も評価ポイントです。合コン、お見合いと同じです。(身だしなみポイントについては コチラ をご覧ください。)

・体臭スプレー
まさかの時の体臭スプレーも用意しておくと良いと思います。「俺は大丈夫!」という人、ご注意ください。

・ひんやりシート
汗を止める方法としてはいいかもしれません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


ssekkoさん(@love_cosme1)がシェアした投稿

いまスグ汗を抑える方法

動脈を冷やす

体の中を循環する血液を冷やすと、体温を下げることができます。短期間で効果があるのは、脈拍が取れるような皮膚が薄いところです。手首や首、こめかみなど血管と皮膚が近い部分を冷やすとすぐにクールダウンして、汗を抑えることができます。トイレで手首を冷やしたり、ペットボトルで首を冷やすと効果的です。

ゆっくりと呼吸する

呼吸によって汗をコントロールすることができます。ゆっくり呼吸することで、血液が下がり筋肉の緩みや神経の緊張が解け、汗を抑えることができます。

背筋を伸ばして深呼吸

面接中は焦りや緊張から汗をかいてしまいます。そんな時は、座った状態で背筋を伸ばし深呼吸をしてみましょう。心身をリラックス状態にしてくれる副交感神経が働き汗が引くでしょう。

特定の場所を強く圧迫する

どうしても引かない汗には、特定の場所を強く圧迫すると汗を抑えることができます。顔など上半身の汗を抑えたい時は、胸の5センチ上あたりを強く圧迫するか、両手でぎゅっとつねると汗を一時的に抑えられます。

夏場対策をして内定を勝ち取ろう

夏場はスーツを着なくても汗が出てしまう季節。少しの工夫で汗対策をすることができるので、面接に集中して挑むことができるでしょう。
せっかくの転職活動、たくさん内定を獲得したいですよね!今後もこのような転職マニュアル本にはない情報、あるあるの実例を含めて、飲食人の転職活動にメリットが出る情報をお伝えしていきたいと思います。

 

笹澤佳世(株式会社itk)
https://i-t-k.co.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/itksasazawa/

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

笹澤 佳世 (株式会社itk・キャリアプランナー)

飲食専門転職支援サービス株式会社itkのキャリアプランナー. 持ち前の粘り強さと仕事の速さで、男性中心の営業陣の中に入っても全く引けをとらない芯の強い女性. 趣味はクライアントさまの店舗の食べ歩きと貯金、オーダースーツを買うこと.実は『㈱itkラーメン部』の部長というちょっと意外な一面も.