レベルUP転職活動~GW特別編~

 

お元気さまです。

飲食人研究所の転職・就職担当㈱itk笹澤佳世さんの転職活動シリーズです。
(前回までの面接対策は コチラ をご覧ください)

今回は㈱itk笹澤さんがGW休暇中ですので、代打で同僚の先輩に転職のポイントをお伝えさせて頂ければと思います!
連勤明けから転職を考えている皆さん、ぜひご参考にしていただければ幸いです。

今回は『面接会場への訪問時間』についてお伝えしてまいります。

転職活動は『自分創りの活動』

キャリアプランナーとして15年以上、飲食人の皆さんの転職活動をサポートしておりますが、良くご質問を受けるのが【面接会場への訪問時間】です。

営業職のご経験がある方であれば、お分かりいただけると思いますが、飲食一筋で働いていると、意外と知らないことが多いです。
『無知は損!』ということでまいります!!

私も飲食の現場出身で、20代で転職活動を行った経験があります。
当時の私は、
・無知の塊
・天邪鬼の塊
・不良転職者(笑)
でした。
もちろん失敗だらけで、最後の転職に至っては、100社近く面接を受けました。

転職あるあるですが、自分探しの旅に出発してしまったこともあります(汗)
転職活動は、自分探しではなく『自分創りの活動』であり、気付きを多く得られる機会でもあります。

飲食人の皆さんが私のように、
・転職活動で失敗しない
・無知で苦労しない
メリットある情報共有を共に学び、共に成長してまいりましょう。

企業様への訪問時間


結論から申し上げますと100点は、
【ジャストオンタイム】
時間ピッタリに伺うことです。

これだけは注意していただきたいのが、訪問時間に『遅刻』することです。
・時計の時間が少しでもズレた
・受付電話がまさかの数名待ち(受付渋滞)
など
企業様によっては、面接を受けさせていただける可能性がある例ですが、非常にリスクが高いです。
遅刻は『アウト』です。

また、面接会場に向かう間も注意が必要です。
・道に迷った
・電車が遅れた
・面接会場がわからなかった
・時計の時間がズレてた
・寝坊した
など、まさかのアクシデントが起きます。

『電車が遅れた』は予期せぬアクシデントではありますが、遅刻は遅刻です。言い訳は通用しません。
遅刻はプラスがありません。
基本マイナスしかないです。


私たち飲食業は、お客様からご予約を頂いて、ご来店をお待ちする『王道のオペレーション』があります。

しかし、お客様のジャストオンタイムなんて、大多数の店舗は稀ですよね(笑)
異業種によっては、30分前ルールや1時間ルールという不思議なルールもあります(笑)
「予約時間に遅れても全然大丈夫」という特殊なルールがある業界もあり、「次のお客様の予約があるので…」などと言った日には逆切れされたり(笑)

様々なお客様と、店長だった頃の私はぶんぶん丸で対応して戦っていました。

訪問時間は『無難』がベスト

話が逸れました(汗)
ココから核心に迫ります!

「1番良い方法はなんなんだ!」ということで、
【3分前に受付電話 または(受付電話が無い場合は)ノックして入りましょう】
これが一番無難です。

訪問時間は『無難』がベストです。
ここでの100点は必要ありません。

面接失敗例@あるある編

私の失敗事例をご参考までにお伝えします。

①気合を入れて30分前に突撃!

10分前も気合い入れ過ぎですね(笑)
面接のご担当者も他の業務と並行して、面接を行っています。
これは、アルバイトさんの面接を営業時間の合間に行うのと同じです。

よって、気合いアピールが相手によっては迷惑になることがあります。
体育会系の人はご注意ください(汗)

私は最高1時間前の突撃があります。
若い頃の私は、早ければ早いほうが良いと思っていました(笑)

②エレベーター渋滞でまさかの遅刻!


この事例はあるあるです。
必ず現地に到着したら、面接会場(会社)のチェックをお願いします!
特に高層ビル、大型ビルなど面接会場が高層階の場合は注意が必要です。
先述した、受付電話の渋滞もご注意ください。

③お店が開いていない

店舗での面接の場合(特にアイドルタイム)、スタッフ内で情報共有がされていないことがあり、入口のカギがかかってしまっている場合があります。
「なんで開いてないんだ!!」と怒って帰るのはNGです(汗)

この場合、まずは入り口をノックをします。すぐには気づいていただけないケースが多いので、何回かチャレンジしてください。

■ノックしてもダメなら!

入り口をノックしても全く応答がなければ、店舗に電話をします。
このような緊急事態に備えて、事前に店舗の電話番号を控えておくと良いでしょう。

■電話しても誰も出ない!
睡眠タイムで何度電話しても誰も出ない場合があります。
その時は、慌てずに裏口(従業員用入り口)を探して、中に入りましょう。

突撃できて面接担当の店長(または料理長)が「やべっ、忘れてた!」という顔をしていても怒ってはいけません。
ぐっと堪えて、準備が整うのを待ちましょう。

この場合、こちらに非は一切ありません。
むしろ強気で堂々と面接に挑んでください。
待ち時間が長い時は コチラ で時間つぶしをしてください。

④最終手段は・・・

・ノック
・電話
・裏口(従業員用入り口)
全て試してダメなら!
帰りましょう(笑)

後日連絡して、面接日程を再度調整してくれる場合もあります。
その時もこちらに非はないので、気に病む必要はありません。
(ここで遅刻しないように注意しましょう。汗)

面接はスタートライン


今回は㈱itk笹澤さんに代わり、面接会場へ向かう『時間』についてお伝えしました。
全て準備万端で面接に挑んでも当日遅刻をしてしまったら、元も子もありません。

転職は面接会場に向かうのがゴールではありません。面接が始まって、ようやくスタートラインに立つことができます。

せっかくの転職活動、内定を獲得しなければ面白くないですよね!
これでまた転職準備ができて、1つレベルUPです。

今後もこのような転職マニュアル本にはない情報、あるあるの実例を含めて、飲食人の転職活動にメリットが出る情報をお伝えしていきたいと思います。

今後とも【㈱itk笹澤佳世の転職のポイント】をよろしくお願い致します!

<<前 次>>

笹澤佳世(株式会社itk)
https://i-t-k.co.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/itksasazawa/

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

笹澤 佳世 (株式会社itk・キャリアプランナー)

飲食専門転職支援サービス株式会社itkのキャリアプランナー. 持ち前の粘り強さと仕事の速さで、男性中心の営業陣の中に入っても全く引けをとらない芯の強い女性. 趣味はクライアントさまの店舗の食べ歩きと貯金、オーダースーツを買うこと.実は『㈱itkラーメン部』の部長というちょっと意外な一面も.