売り上げをたたき出す店長はココが違う! 今すぐ実践したい店長に必要な5つのスキル

 

店舗運営の責任者である店長には、「マーケティングスキル」「マネジメントスキル」「クレーム対応スキル」「コストコントロールスキル」「リーダースキル」「コミュニケーションスキル」といったさまざまなスキルが求められます。「人気店」として繁盛するお店を実現するためには、店長職のみならず、自分自身のスキルを高めることが必要不可欠なのです。そこで今回は、店長に求められる4つのスキルを紹介します。

できる店長に共通するスキルとは?

オペレーションスキル

オペレーションスキルとは、サービスを提供するための業務を効率的且つ効果的に進めるすうえで必要な能力のことです。接客業務がメインとなる飲食店では、ご来店いただいたお客さまにどれだけ満足してもらえるか、ファンになってもらえるかどうかが、店舗の売り上げを左右すると言っても過言ではありません。

そのためには、オペレーションを進めるうえで起こりうる問題の発見から対策案を立案する能力が重要となるのです。働く従業員のポテンシャルを最大限に発揮することが、顧客満足度のや売上アップ、店長としての評価につながります。

マーケティングスキル

「マーケティングスキル」は、星の数ほどある飲食店のなかから、自分のお店や商品を選んでもらえる仕組みをつくること。
より高い利益を上げるための施作や、売上の低下を打開するための解決案、商品をPRするための効果的な企画案を打ち出すとき必要となります。

そのためには、医療顧客の客層やニーズ、自分の店のどの部分に価値を見出しているのかを把握しなければなりません。「サービス」「ホスピタリティ」「お料理の味」「立地」など、ニーズは顧客によってさまざまです。こうした顧客ニーズを知ることで、ほかのお店と差別化することができ“選ばれるお店”へと変わっていきます。

コミュニケーション

従業員との円滑なコミュニケーションは店舗運営をよりスムーズにします。というのも、「現場で働く従業員の意見=顧客ニーズ」でもあるからです。店長職に就くと、売上やコスト管理、マニュアル作成、シフト作成、本社研修といった店舗の運営管理がメインとなります。従業員満足度と顧客満足度の両方を充実させるためには、現場で働く従業員から情報をキャッチアップすることが重要となるのです。

また、従業員とコミュニケーションをとることで、「運営方針のベクトルを合わせる」「現場の問題の抽出・課題解決に向けたディスカッション」「モチベーションの向上」につながります。

コストコントロールスキル

コストコントロールとは、目標となる売上を達成するために必要なコストをコントロールするスキル。ただ単に「人件費カット」「食材費カット」「光熱費の節約」など経費を削減することが目的ではありません。

人件費や光熱費の削減を徹底しすぎると職場環境が悪化し、従業員のモチベーションが低下したり、顧客に対して十分なサービスが提供できなかったり、という負のスパイラルに陥ってしまうのです。大切なことは、成果に正しく向かうために適正にコストをコントロールすることです。

リスク回避・クレーム処理スキル

店舗運営をしていると、大雪や大雨、台風といった自然災害の影響による臨時休業、顧客からの理不尽なクレームが発生することもあるもの。こうした予期せぬ事態にも、落ち着いて冷静に対処できる「リスク回避」や「クレーム回避スキル」も店長に求められる重要なスキルです。

まとめ

いかがでしたか?売上をたたき出す店長は、人知れず努力をしているものです。
小手先だけのテクニックに頼らずに、一つ一つのスキルを丁寧に身につけて、
確実に売り上げアップにつなげていきましょう!

飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。