店長の仕事内容とは?店長に向いているのはこんな性格の人

 

飲食店の店長の仕事は、休みも少なく多忙であるにもかかわらず、お客様に常に笑顔で接する必要のある過酷な仕事です。
その分、やりがいのある仕事であると言えます。最近ではおしゃれなカフェが増えており、自分好みのおしゃれなお店を出して、笑顔で働きたいという夢を抱いている人もいるのではないでしょうか?
では、具体的な仕事内容はどのようなものなのでしょうか。また、どんな性格の人が向いているのでしょうか。

店長の仕事内容

仕事内容を項目に分けて、ご紹介します。

管理業務

お金の管理
重要な業務のひとつとして、売上や諸経費、従業員の給与関係などお金の管理があります。
売上に関しては、自ら売り上げ目標の設定や予算管理も行います。売上の他にも、光熱費や人件費などお金に関する全ての管理を1人で行わなければなりません。経営にかかわる最も重要な業務と言えます。

従業員の管理
一緒に働く従業員の管理は、難しい業務です。
人材の募集、採用、教育を行います。飲食店で働くために必要な接客の心得やマナーなど細かい事も教えていきます。従業員の仕事に対するモチベーションが下がらないように気を付けたり、トラブルや悩みがないか気にかけ、解決することも従業員管理の一環です。
従業員全員が気持ちよく働ける環境を作らなければなりません。

商品管理
お客様に出す食品の品質や在庫の管理を行います。
飲食店で扱う食材の管理は、鮮度や量など日々細かく確認する必要があります。人の口に入るものなので、細心の注意をはらわなければなりません。また、商品管理は売り上げにも関わるため、重要な仕事です。

知識の向上

店長は、日々の業務をこなしながら更に知識の向上が求められます。市場のリサーチや、経営、料理や飲み物に関する知識などを向上させることによって、売上に繋げなければなりません。
例えば、繁盛しているライバル店にリサーチに行き情報収集を行うことや、インターネットやSNSで流行を把握することなどが求められます。

その他

クレーム対応
お客様からのクレームの対応は、やはり責任者の仕事です。
嫌な役回りですが、冷静かつ誠実な対応をすることが大切です。

従業員のケア
従業員の中には、人間関係や仕事のことで悩みを抱えている人がいます。そんな悩みに気づき、ケアすることも大事な仕事のひとつです。話をしっかり聞いて、職場環境を良好に保つ必要があります。

勉強
売上をアップさせるために経営学を学ぶ、従業員をまとめる存在として心理学を学ぶ、という人もいます。店長のためのセミナーに参加するなど、業務にプラスの仕事として勉強をする人も多いようです。

店長に向いている性格とは?

飲食店店長の仕事内容を詳しくご紹介しましたが、業務内容が多いことに驚いている方もいらっしゃるでしょう。そんな多種多様な業務をこなさなければいけない役職に向いている人とは、一体どんな人なのでしょうか。

・判断力のある人
・努力家な人
・コミュニケーション能力が高い人

以上の3つがあげられます。
責任者として従業員をまとめるあげるためにはリーダーシップやコミュニケーション能力が必要です。経営者としての判断力や、今後の売上向上やより良いお店作りのための努力を惜しまない人が向いています。

まとめ

店長の仕事内容についてご紹介しましたが、日々大変な仕事です。その分、やりがいのある仕事でもあります。飲食店で働いている方、将来的に店長を目指したいという方の参考になれば幸いです。

飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。