中島くんは独立できるのか #18 融資が下りない!

 

こんにちは。焼鳥職人の中島です。
前回の続きからお話します。満額融資がもらえなくなり、月末の支払いができないのでは、と焦った私は、これまで経験したことのないようなストレスを抱えてしまいます。

協調融資に切り替えるも…

税理士から「協調融資にします」と言われ、私は不安がよぎりました。銀行と公庫からの融資になると、保証協会を通す必要があります。保証協会は、満額融資なるか、減額融資になるかの決定を下すからです。急いで申し込みをしましたが、数日たっても連絡が来ませんでした。

融資が下りないと、すべての支払いが滞ってしまいます。月初めでまだ時間はあるとはいえ、月末になるとビルの家賃や工事費の支払いをしなければならない…。「どーするんだ…」物件取得費などは、私の貯金から出しており、家賃や工事費の支払いができるほど残ってはいない。税理士に催促しても、私がアプローチできるのはここまで。税理士は保証協会に直接相談できるわけではなく、銀行に話を通し、銀行が保証協会に催促します。担当の税理士に「お願いします」と泣きついても「相談してみます」と言われるだけ。

保証協会から直接、私に連絡がくることもありましたが、追加の資料がほしい、と言われるだけで、まったく話が前に進みません。毎日のように、税理士事務所や保証協会に連絡をしましたが、どちらの担当者も不在を理由に、電話に出てくれなくなってしまいました。

器の小ささを実感

時間だけが過ぎていき、私はストレスが原因で、胃の痛みを覚えるようになりました。仕事でも数々の苦難を乗り越えてきましたが、ここまでストレスを抱えるのは初めてでした。ストレスがピークになると、すべてがマイナスに考えてしまいます。寝ても覚めても、考えてしまうのは「家賃や工事費が払えなくなったらどうする?!」ということばかり。

追い詰められた私は、税理士や保証協会に強く当たるようになっていきました。今考えると、奔走してくださった税理士、保証協会の方々には、本当に申し訳ないことをしたと反省しています。焦って行動が先行してしまった、と自分の器の小ささを実感していますが、当時の私は、誰かに当たってしまうほど追い詰められていました。

冷静さを失った とんでもない行動

追加の資料を提出するため、保証協会の事務所を訪れたときです。いつもの担当者に直接話をしたかったのですが不在だったため、代わりにそのかたの上司が話を聞いてくれることになりました。
現状を伝えましたが「迅速に行動します」と言われるだけ。なんとか事を進めたいと思った私は、椅子から立ち上がり「お願いします!このままじゃ、支払いができなくなります!」と声を荒げ、何度も何度も頭を下げました。私の突然の行動に「頭を上げてください」と、慌てふためいていました。

椅子に座り直し、冷静になったところで、上司のかたは『保証協会の仕組み』について話し始めました。「中島さん、保証協会はあくまで、応援する立場なんです。迅速に対応いたしますが、どうしてもお待たせしてしまう部分があるんです。ほかのかたの審査もございまして、順番に対応しております。中島さんの状況も理解しており、迅速に対応いたしますが、もう少しお待ちください」

保証協会の事情もわかっていました。しかし、支払期限が迫るにつれ、私も冷静ではいられなかったのです。不安要素を抱えたまま月末を迎えたくはなかったので、工事業者には事情を伝えることにしました。当初の約束では、工事費を3回払いにしていましたが、2回払いに変更してもらい、支払いを少し遅らせてもらいました。デザイナーさんにも連絡をし、支払いを待ってもらうよう頼みました。
どちらも事情を理解してくれ「気にしなくて大丈夫だよ」と言ってくださいました。ただただ、感謝の気持ちでいっぱいでした。

中島雅敏(焼鳥職人・独立準備中)
Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004311250329

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

中島雅敏 (焼鳥 雅流・オーナー)

高級焼鳥店で数店舗修業後、焼鳥で独立を目指すも、物件探しだけで早1年以上もたついている37歳既婚者(埼玉県所沢市出身).資金面も含め、物件以外は準備万全!業者さんもみーんな待機中.でも物件が見つからない!少し頭の堅い、焼鳥職人@中島くんは果たして、いつになったら独立が出来るのか!? そんな中島くんの独立ストーリーを赤裸々に綴ります.独立目指している飲食人の皆さん参考にして下さい.