やる気!元気!バイタリティ!! #13 “自称育メン”岡本のワーキングバランスとは

 

こんにちは!
株式会社バイタリティの人事採用担当(現場兼務)岡本邦裕です。以前も少しお話ししたのですが、ワタクシ実は、“自称育メン”。3人の息子の子育てに、かなり積極的に!(笑)参加しております。今回は、改めてその辺のお話しを…。

社員は家族!だから真剣に受け止めてくれた

私には息子が3人います。今、上から11歳、8歳、3歳。そりゃもう、毎日パワフルです!
魚釜 日本橋横山町店』の店長を務めていた私ですが、3人目が生まれたのをきっかけに店長職を外れ、No.2(副店長)としてやらせていただくことにしました。昨年の春からは、本社で人事採用担当を務めています。

「男性が子育てのために働き方を変える」
まだまだ世の中でも珍しいのか、メディアで紹介されているのを見かけることもあります。飲食業界ではなおさら、珍しいかもしれません。しかし、当社では私が初めてではありません。私の前にも男性で育児のために働き方を変えた例がありました。もちろん女性社員には何人もそうした例があります。

こうしたことが可能なのは、社長が私たち社員を家族だと思ってくれているから。「家族だからずっと一緒に働きたい」「家族が悩んでいるなら、一緒に解決策を考えよう」そんなふうに考えてくれる社長、私たちの気持ちを真剣に受け止めてくれる社風だからこそ、今私は“自称育メン”を楽しむことができているのだと思います。

子育てと仕事には共通点がいっぱい!


“自称育メン”な私ですが、私自身は育児・家事の大体半分くらいは担当してるんじゃないかな~と自負しています(笑)。まず朝は洗濯機を回して干し、朝ごはんを作って食べさせ、子どもたちを送り出します。保育園に送っていくのも基本的には私の仕事。妻が仕事で遅番の時には、私がお迎えに行って、夕飯を作って食べさせ、風呂に入れて。ほら、結構がっつりでしょ?(笑)。
育児に参加するようになって楽しいのは、やっぱり子供たちの成長をしっかり見られるようになったこと。私は身体使って全力で遊ぶので、子どもたちにもなかなかの評判です。子どもたちは三人三様。みんな個性が違います。

そんな子供たちを見ていて最近気づいたんです。育児と仕事って共通点がいっぱいあるなと。育児において大切なのは、それぞれの個性を認めて見守り、良いところがさらに伸ばせるようにサポートすること。後輩や部下の育成もまったく同じですよね。また、仕事で学んだ交渉術が妻に対しての交渉に役立つことも(笑)。
私は今、仕事と育児が同じくらい楽しいんです。そして片方で学んだことを、もう片方でも活かすことができる。こんな日々を可能にしてくれた社長と会社に感謝いっぱいです。

次回はもう少しマジメな話を。

弊社のドミナント展開についてお話しさせていただこうと思っています。

■株式会社バイタリティ
https://vitality.co.jp
Facebook
https://www.facebook.com/vitality.co.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/explore/locations/776064417/
社長ブログ
https://ameblo.jp/vitality-bancho/

■魚釜 日本橋横山町店
Facebook
https://www.facebook.com/uokama
Instagram
https://www.instagram.com/uokama/
食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13171197/

■飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

岡本邦裕 (株式会社バイタリティ・人事採用担当 現場兼務)

千葉県富里市出身41歳の既婚者.社歴10年目の㈱バイタリティ(ほぼ)創業メンバー. ディズニー好きのあまりディズニーキャストとして働いていたことも!趣味は「子育て」「ボート」「日本酒」.3児のパパ(全員男の子!)で毎日お子さんを保育園に送ってから出勤する優しいパパ.「やる気」「前向き」「努力」「気合い」というアツイ想いを胸に最高な店を造っています。