シアワセを、自分から。#25 日々成長

 

飲食人の皆さま、お元気さまです!
家系ラーメンで有名な町田商店『株式会社ギフト』のブログ第25弾をお届けいたします。
今回ご担当いただくのは、『町田商店 成瀬店』店長の新川泰弘さん、エリアマネージャー(ブロック長)の三浦正樹さんです。

ともに成長する


お疲れさまです。成瀬店のやっさんこと、新川です。今日は、最高のパフォーマンスをしてくれている、新卒社員の照井さんについてお話します。彼女は高校卒業後、㈱ギフトに新卒として入社しました。研修をへて、6月から成瀬店に配属となり、今に至ります。照井さんの目標は店長になること!まずは、ホールを極めたいと、配属当初から意気込んでいました。

自分のペースで働けるときは、超絶空間を創り出せているのですが、忙しい時間帯になると、ほかのホールスタッフとの連携がうまく取れなくなり、パンクしてしまうこともあります。ときにはテンパり過ぎて、早口になってしまい、社員さん、キャストさんを困らせたこともありました 笑。

照井さんとは、何度も面談をして、話し合ってきました。彼女は、悔しさで何度も何度も涙を流しました。しかし、今では別人と見間違えるほど、照井さんは成長しています!失敗することもまだまだありますが、成瀬店にはなくてはならない存在になっています。私が照井さんに、してあげられることは少ないかもしれませんが、もっともっと成長して、自分の目標をかなえられるよう、全力でサポートしていきたいです。

成瀬店のスタッフたちとなら、最高の店舗を創っていけると確信しております!これからの成瀬店にご期待ください!

町田商店 成瀬店
店長
新川泰弘

「大丈夫!」のひとこと

お疲れさまです。人材企画課の三浦です。
突然ですが『新店』って聞くと、ワクワクしませんか。僕はこの言葉を聞くと、ものすごくワクワクして、その空間に立ち会いたい!って思っちゃいます 笑。新しい店舗が立上っていくのは楽しいですが、目が回るほどの忙しさだったり、寝る間を惜しんで準備をしたり、苦労することもあります。新店の話をするにはワケがあります。それは、新店で若い社員さんたちの頑張る姿を見てきたからです。

先月『豚山 元住吉店』がオープンしました。オープンの麺場サブとして、入社2年の金城くんが配属されました。オープン初日から、多くのお客様がご来店されました!ご来店いただいた皆さま、ありがとうございました!

次から次へオーダーが来て、厨房はまさに戦場でした。金城くんは、とにかく真面目な性格で、一生懸命やるのですが、ミスを連発してしまいます。彼は顔に出るタイプなので 笑、やってしまった感が表情でわかってしまいます。
そんなとき、メインで麺場に入っていた佐藤くんが「大丈夫!大丈夫!」と笑顔でフォローしていました。佐藤くんはしっかりミスをカバーし、大量のオーダーをどんどんさばいていきました。僕は仲間を想い、しっかりフォローする佐藤くんの姿を見て、愛を感じました。

ミスをすることがダメとは言いません。ミスをしてしまったら、それに対してどのように対応するのか。僕はそれが一番大事だと思います。ひとりが成長しても、超絶空間を生み出すことはできません。お互いに支え合っていくことが大事なんだ、とあらためて実感した出来事でした。
佐藤くん、金城くん、頑張れー!

シアワセを、自分から。
株式会社ギフト
人材企画課
エリアマネージャー(ブタクサブロック長)
三浦正樹

■株式会社ギフト
https://www.gift-group.co.jp
Instagram
https://www.instagram.com/giftgroup1/

■町田商店 成瀬店
https://www.eak-ramen.jp/
食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13193954/

■豚山 元住吉店
食べログ
https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14076127/

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

株式会社ギフト (町田商店)

横浜家系ラーメン町田商店からスタートし直営店事業とプロデュース事業を合わせ持ち、海外出店も拡大中の上場企業.赤いハチマキと黒Tシャツがトレードマーク. いつも元気に.どんなときも笑顔で.お客さまはもちろん一緒に働く仲間にも、自分からシアワセを届けていく. 多彩なポジションの社員5名から『シアワセを、自分から。』というビジョンと企業理念を飲食人のみなさんにお届けします.