シアワセを、自分から。#17 全力の完まくコール

 

飲食人の皆さま、お元気さまです!
家系ラーメンで有名な町田商店『株式会社ギフト』のブログ第17弾をお届けいたします。今回ご担当いただくのは、ブロック長の大倉宋太(おおくらそうた)さんです!

町田商店では、スープまで飲み干すことを“完まく”と言い、毎回スタンプがもらえる『完まくアプリ』を提供しています。スタッフは「完まく一丁!」とコールをしますが、声出しをするときの想いについて大倉さんに語っていただきました!

全力の完まくコール


お疲れ様です!
今月もバリバリ現場でラーメン作りをしているそーたこと、大倉宋太です。

いきなりですが、みなさんのお店では、掛け声を全力でやっていますか?
町田商店では「完まく一丁でーす!!!」と完まくコールを全力でやっています。「いらっしゃいませ!」「あがります!」など、私は全ての掛け声を全力でコールしています!全力コールを心掛ける大切さに気付かされたエピソードがあります。

数年前、『町田商店 横浜駅前店』のオープンの時の話です。ブロック長や店長のもと、私は副店長としてオープニングを盛り上げました。オープン記念の時、とっても忙しくホールを目まぐるしくやっている中、ありがたいことに完まくも多くいただきました。しかし、全力のコールもだんだんと声を出すだけの流れ作業になってしまいました。

そんな時、当時横浜駅前店のマネージャーだった現・藤井専務から呼び出しが…(汗)「そうた!完まくコール全力でやってる??あの看板になんて書いてある?全力だよ、全力!全然全力出してコールしてないだろ?全力でやれよ!!」と思いっきり怒鳴られました。

その時の私は、「どう見たって全力でやってるし、どこがやってないんだ…」と、ほとんど納得しないまま、しぶしぶホールに戻りました。この時の記憶は今でも忘れていません。(専務にはホント申し訳ございません…)ぶつぶつ言いながら現場に戻り「くっそー、やったろ」と思い、「完まく一丁でーす!!!ありがとうございまーす!」と全力で完まくコールしました。ほとんどやけくそでしたが腹から声を出したら、思っていた以上の声が出ました。(あれ?やってなかったんだ…俺…)

気付いたのはお客様の反応…全力でコールする時と、流れ作業になってしまっている時では全然違いました。たくさんの楽しいことや、感動の創造を自分の行動で起こせることに気付きました。だから私は全力でコールします。ギフトでしか味わえない、最高の空間を創り続けます。

シアワセを、自分から。
株式会社ギフト
パンジーブロック長
大倉 宋太

■株式会社ギフト
https://www.gift-group.co.jp
Instagram
https://www.instagram.com/giftgroup1/

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

株式会社ギフト (町田商店)

横浜家系ラーメン町田商店からスタートし直営店事業とプロデュース事業を合わせ持ち、海外出店も拡大中の上場企業.赤いハチマキと黒Tシャツがトレードマーク. いつも元気に.どんなときも笑顔で.お客さまはもちろん一緒に働く仲間にも、自分からシアワセを届けていく. 多彩なポジションの社員5名から『シアワセを、自分から。』というビジョンと企業理念を飲食人のみなさんにお届けします.