シアワセを、自分から。#14 働く目標

 

飲食人の皆さま、お元気さまです!

家系ラーメンで有名な町田商店の『株式会社ギフト』さんのブログ第14弾をお届けいたします。

今回ご担当いただくのは、練馬商店 店長の武石吉央(たけいし よしお)さんです!

武石店長は、新卒社員の方のみならず、社員さんやキャストさんが練馬店に配属されたら、必ず聞くことがあるとのこと。
それは、『目標について』。

このブログをご覧になっている飲食人の皆さまは、どんな目標をお持ちでしょうか。
なかには「とにかく稼ぐために働いている」という方もいらっしゃるかもしれません。
それは生きるために、とても大切なこと。
ただしそれは目標ではない、と武石店長は感じていらっしゃるそうです。
今まで多くの社員さん、キャストさんを育て成長を見守ってきた武石店長は、目標がある人、ない人では働き方に違いがあり、成長するスピードも違うと実感されています。
『目的ではなく、目標を持つ大切さ』について教えて頂きました!!

働く目標

お疲れ様です。
練馬商店のよっしゃーこと、武石吉央です。

6月に入り、新卒社員の皆さんが正式に店舗配属されました!
それに伴い、スタッフさんの異動など新しいチーム作りが各店舗で行われていると思います。

私はチーム作りをする上での取り組みとして、面談をして必ず聞いていることがあります。
これは、新卒社員さんに限らず、新しく練馬商店に来てくれたスタッフ全員です。

それは、
【あなたの目標を教えてください】

答えは人それぞれで、いろんな目標があります。
「店長になりたい」
「店長やブロック長と、上を目指したい」
「海外の店舗に挑戦したい」
「笑顔になれるお店を作りたい」
「特に目標はない…」
などなど

なかには
「家族がいるから、とにかく稼ぎたい」
「食べていくために飲食に入った」
という答えもあります。
生きていくにはお金が必要であり、とても大切なことです。しかし、これは
『目的』であって『目標』ではありません。

目標があれば意識が変わる

目標がある人とない人では、仕事に取り組む姿勢や熱量がまったく違います。
・配属3ヶ月後までに麺場を覚える
・配属6ヶ月後には責任者になる
・配属1年後には店長になる

私も多くの後輩を指導させていただきましたが、このように明確な目標がある人はあっと言う間に成長します。そして数ヶ月で物凄い差が出ます。

例えば、麺場を任せる時、意識が全然違います。
――目標がある人
「麺場に立てた!頑張るぞ!」
「先輩からたくさん学ぼう!!」

――目標がない人
「えー!俺まだ出来ないよ!!」
「麺場大変じゃん…」

ハードルが高くても目標がある人は、「やってやろう!」「乗り越えてやろう!!」という意欲があります。失敗しても「次こそは!」と諦めない。だから、どんどん覚えて成長していく。

目標を見つけることは難しいことではありません。小さなことからコツコツと積み上げ、大きな目標に到達すれば良いと、私は考えます。大切なのは、その目標に向かってどれだけ頑張れるか。努力する覚悟があるか。

目標に向かって走れる人は最強です。
目指すべきモノがあるからこそ、ブレずに頑張ることができる。
誰よりも成長できる。

だから、私は目標を持って頑張れる人を応援したいし、力になってあげたいと、どんどん仕事を任せます。新たに配属された新卒社員の皆さんも、恐れず挑戦して、自分たちの目標を達成してほしいと願っております。

新卒社員の皆さん、そして社員さん、キャストさん
一緒に頑張っていきましょー!

シアワセを、自分から。

練馬商店 店長
武石 吉央

■株式会社ギフト
https://www.gift-group.co.jp
Instagram
https://www.instagram.com/giftgroup1/

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

株式会社ギフト

横浜家系ラーメン町田商店からスタートし直営店事業とプロデュース事業を合わせ持ち、海外出店も拡大中の上場企業.赤いハチマキと黒Tシャツがトレードマーク. いつも元気に.どんなときも笑顔で.お客さまはもちろん一緒に働く仲間にも、自分からシアワセを届けていく. 多彩なポジションの社員5名から『シアワセを、自分から。』というビジョンと企業理念を飲食人のみなさんにお届けします.