馬肉の魅力伝えます #22【Happy Birthday Our President!】

 

飲食人の皆さん!
そして馬肉大好きなマッチョの皆さん!!

お待たせいたしましたっっ
『馬喰ろうグループ』馬肉の伝道師KENTAROさんのコラムです!
これまでも飲食人研究所でもさまざまな企画の取材をさせていただき、大変お世話になっておりますm(_ _)m

そんな『馬喰ろうグループ』の総大将っ沢井社長が、お誕生日を迎えました!!

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


馬喰ろうさん(@umarizano_hohoemi)がシェアした投稿

(何歳馬になったかは、あえて聞かない!!)

沢井社長は、馬肉の魅力を伝えるために、
・新店舗立ち上げ
・新メニュー開発
・IFBBプロのJINさんとコラボした『ジンバーグ』の発売
・馬肉の布教活動(笑)
などなど、馬肉のプロフェッショナルとしてご活躍の沢井社長。

そんな沢井社長のご経歴や人柄について、KENTAROさんに語って頂きました!!

我らが総大将(社長)の誕生日であーーる

お久しぶりです!!
馬肉専門店 馬喰ろうのKENTAROです。

先日5月22日は我らの総大将(社長)のハッピー馬(バ)ースデーでした!!
せっかくなので、偉大なる総大将の経歴と人柄をお伝えし馬(ま)す!

と言っても…社長のことを書くのなんか小っ恥ずかしいな、、、笑
けどまあ、誕生日だしちょっとだけ色々書いてみ馬(ま)す。

総大将と馬の出会い(経歴)


ざっと総大将と馬との関係について。

■黎明期
1996年、国内で食中毒(腸管出血性大腸菌O157)と騒動が起きて、肉の生食を控えようという傾向にありました。

牛・豚・鶏の食肉問屋を営んでいた、総大将の父親である先代。そこから馬肉特化した商売をおこなます。
後を引き継いだ総大将の兄が、馬肉部門を取り仕切り、兄の会社をサポートすることがきっかけで『馬肉』と出会います。

↑ちなみに・・・
総大将はギターの腕前もピカイチ☆
TikTokでその腕前をご覧ください!!

■草創期
工場で肉をさばくことからはじまり、馬肉を学びました。その後、営業として、本社のある千葉から東京エリアを中心に活動します。

当時馬肉は飲食店で、クジラやカラスミなどと並んで『高級珍味』として扱われていていました。総大将はこの波を見事に読み取り、売上も順調に伸びていきました。

■成長期
馬肉専門店を開業するイメージを描きつつあった2005年頃。同じく「馬肉専門店を開業したい!」というシェフと出会います。

そのシェフは、これから独立をするにあたり『馬バル』のような店を開業しようと、ご自身で馬肉の産地に直接赴いて、仕入れ交渉をしていましたが、馬(うま)くいっていませんでした。

馬バル開業を諦めかけた時、総大将と出会い意気投合します。総大将の尽力もあって、馬肉の仕入れも順調に進み、その後シェフは水道橋に『馬バル』をオープンすることが出来ました!

馬バル店は人気を博し、馬肉を広めるきっかけにもなりました。
水道橋の馬バル店の様子を見た総大将は、馬肉専門の飲食店に大きな可能性を感じました。

■発展期
総大将は自ら飲食店を開業、最初のお店は総合居酒屋でした。
ここでさまざまなメニューを提供し、お客様の反応を見ながら料理の試作・改善を続けました。

そして、2店舗目としてオープンした『恵比寿馬喰ろう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


narrharr.eats.outさん(@narrharr.eats.out)がシェアした投稿

馬肉をすき焼きで食べる『桜なべ』を名物にしました。総大将が長野県で桜なべを食したことがきっかけであり「もっとリーズナブルに食べられるお店がほしい!」という想いがきっかけでした。

その後、あらたにオープンした直営店は、それぞれの個性を打ち出すようにしました。良い意味での差別化を図り、直営店の中でも異なるメニューをご提供することを意識しました。
年月が経った2019年現在、直営店7店舗、グループ店13店舗まで成長・発展するまでに至りました。

近年はお店という形態だけでなく、馬肉専門店を立ち上げ、プロから一般のお客様まで手軽に馬肉を楽しめるようhorse meat market『BAKUROU』をオープン。
もちろんお店には、IFBBプロになっJINさんが監修したハンバーグ『ジンバーグ』も販売しております!

『高級珍味』だった馬肉は、もはや手軽でリーズナブルに食べることができる食材になりました。これも総大将の努力の結果ではないかと、私は考えております。

カリスマ性ハンパない総大将

とまぁ、かなり簡単にですが社長の経歴を書いてみました。

写真や私の文章だけじゃ伝わらないかもですが、人への気遣いハンパない人です!
そして、誰よりも少年の頃の気持ちを持っていて、それを全力で形にしようと努力する人です。

その行動力と独創的なひらめきからくる戦術の才能は、幕末の志士の高杉晋作みたいで、まさに「おもしろき こともなき世を おもしろく(by高杉晋作)」って感じです。

カリスマ性がハンパないって!
バイタリティー溢れすぎて馬肉専門店めっちゃ増えてってるやん。
そんなん、できひんやん!普通・・・

義理人情に熱い馬喰ろう総大将の沢井圭造にますます目が離せない!
とにかく健康で元気に、この1年を過ごしていただければと思います。

と、言うわけで今回は馬喰ろう創業者チェ・ゲ馬(バ)ラについてでした!

■株式会社馬喰ろう
https://bakurou.com/
Instagram
https://www.instagram.com/umarizano_hohoemi/

■恵比寿馬喰ろう
食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13047405/

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

KENTARO (株式会社馬喰ろう・馬肉の伝道師/加盟店管理・開発責任者)

馬に魅せられ馬に生かされた一人のhorse meat specialist 直営店とは別に全国へのグループ店開発と管理がメインのお仕事。 現在全国のグループ店(馬肉推進事業部)は10店舗(2018年11月現在) 馬肉を知りたい人よ。。。ここに集え!!!