中島くんは独立できるのか。#10

 

こんにちは。
焼鳥職人としての独立を目指している
中島雅敏です。

私のコラムも10回目を迎えることができました。
たくさんの方に読んでいただき、大変光栄です。

今後とも、よろしくお願いします!!

さて、
今回は銀座の焼鳥店のお話はお休みして・・・
(楽しみに待っていた皆さん、申し訳ございません)

物件探しのお話をさせてください。

以前からお世話になっている不動産会社『銀座オフィスセンター』さんから、良い物件があると連絡があった出来事をお伝えします。

理想的な物件が!


銀座で物件を探しはじめて数ヶ月が経った頃。
不動産会社『銀座オフィスセンター』の尾又営業部長から連絡がありました。

「銀座7丁目の電通通り沿いに、良さそうな物件があります。内部見学に行きませんか?」

銀座7丁目と言えば、新橋駅にも近いエリア。
飲食店はもちろん、アパレルショップもたくさんある場所です。

「是非、お願いします!」

すぐに支度をして、物件に向かいました。

尾又営業部長が紹介してくれたのは、地下の居抜き物件でした。


以前はBARが入っていて、照明をつけると薄暗かった事を思い出します。
(この時は、お店の演出だと思っていたのですが、このことが私を窮地に立たせることになるとは・・・)

約17坪と大きめで、専用のエレベーターと専用階段がありました。

さらに、飲食店用ダクトをビル側が付けてくれるという、かなりの好物件でした。

尾又営業部長と私は、理想の物件を見つけ期待に胸を躍らせました。

ビルオーナーからの電話

早速、店舗デザインを手掛ける「デザインレーベル株式会社」の森田社長に電話をして、物件の内部見学をお願いしました。

不動産に通い始めて1年弱。
やっと、自分のお店を開く第1歩を踏み出せました。

尾又営業部長と次回の内部見学の日程の調整をし、日時が決まりかけた時、携帯電話が鳴りました。

相手はビルのオーナーさんでした。

(何か問題でもあったのかな・・・)

恐る恐る出てみると、驚くべきことがわかりました。


ビルのオーナーは以前、私が働いていた麻布十番の焼鳥店で食事をしたことがあるとことを教えてくれました。

以前オーナーとの顔合わせをした際の時、私が麻布十番の焼鳥店で勤務していたことを話していました。
(銀座の焼鳥店を辞めた後、麻布十番に入りました。このお話は次回以降、お伝えします)

さらにオーナーは
「麻布十番のお店の方なら、是非使ってほしい」
と電話口で言われました。

私が頭を下げる立場なのに、オーナーからお願いされるなんて、夢にも思いませんでした。

これは、かなり嬉しい知らせだ!

ますます期待が膨らみます。

中島雅敏(焼鳥職人・独立準備中)
Facebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004311250329

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

中島雅敏 (独立準備中・焼鳥職人)

高級焼鳥店で数店舗修業後、焼鳥で独立を目指すも、物件探しだけで早1年以上もたついている37歳既婚者(埼玉県所沢市出身).資金面も含め、物件以外は準備万全!業者さんもみーんな待機中.でも物件が見つからない!少し頭の堅い、焼鳥職人@中島くんは果たして、いつになったら独立が出来るのか!? そんな中島くんの独立ストーリーを赤裸々に綴ります.独立目指している飲食人の皆さん参考にして下さい.