シアワセを、自分から。#4

 

飲食人のみなさん
お元気さまです!
飲食人研究所編集部です。

家系ラーメンで有名な町田商店の
『株式会社ギフト』さんのブログ第4弾をお届けします。

担当されますのは
直営店事業部 店舗育成部 出店企画課の
里島照臣(さとしまてるおみ)さんです!

今回は、行動指針『翔』『学』をテーマにお話していただきます。

(ギフト9つの行動指針については、初回記事をご覧下さい)

出店企画課の理念

こんにちは
ギフトの里島です。

今回も、私が所属している出店企画課の仕事について行動指針を踏まえながらお伝えします。

ギフトでは会社全体の行動指針9か条がありますが、私たちの出店企画課にも独自の理念があります。

それは
【矢印を自分に向ける。原因自分説】

前回の私のブログで、私たち出店企画課の主な業務は新店のトータルサポートであることをご紹介しました。

その中でも初期教育には力を入れています。


内容は
・お客様のお出迎えからお見送りまでの案内手順
・各キャストの導線、役割
など、オープンに向けて学んでいただくことは山積みです。

新店がオープンする際、順調に事が進めば何も言うことはありません。
しかし、すべてが上手くいく事など少なく、必ずイレギュラーが起こります。

出店企画課の理念の大切さを感じた体験談をご紹介します。

確認不足が招いた出来事


とある新店のオープン前日の話です。
なんと、揃っていないといけない什器が、一切届いていませんでした。

私の確認不足と「担当者がやっているだろう」という思い込みが招いてしまった失態です。

すぐに他部署の先輩に相談したところ、業者と直接やり取りをしてくださり、当日ギリギリになって什器が店舗に届きました。
急いで準備をして、なんとかオープン当日を迎えることができました。

このようなミスをしてしまった時、私たち出店企画課は、
「なんで担当者が確認しなかったんだ」
「なんで誰も気づかなかったんだ!」
と誰かを非難することはしません。

「自分の確認不足が原因」
「もっと自分がこうしていたら・・・」
などイレギュラーの原因は自分にある、と認識するよう常に意識しています。
つまり、矢印を自分に向ける事を徹底しています。

決して卑屈になっているわけではなく、誰かのせいにしても前に進まないからです。

「どうしたらよかったのか?」
を考えることで、次に失敗しないための対策を練ることができます。

この時、大切なのが
ひとりで考えるのではなく、仲間と一緒に考える事。


ひとりの考えには限界があります。

しかし、皆で知恵を出し合えば、より良い案を生み出すことができます。

協力して全員で解決していこうと一丸になることで、周りの方への感謝の気持ちを持つことが出来ます。
そして、助け合うのが当たり前ではないことにも気づかせてくれます。

私もこの時、什器をオープン日に間に合わせるために奔走してくれた先輩への感謝。
そして、同僚に仕事を任せきりにしていた事を反省することができました。

什器が揃わなかった一連の騒動時、皆と話し合った結果
【同僚に什器の手配を任せきりにしていた】
が原因であることが明確になりました。

対策として、手配担当を増やして進捗状況の確認回数を増やすことが提案されました。

結果、什器の納品遅れが減り、また他のイレギュラー発生率を下げることに成功しました。

積極的に変わる意識

出店企画課で共通している考え方は『絶対積極』です。

これは私から言い出したことではなく、それぞれがポテンシャルとして持っているものです。

このような考え方に至った理由は、恐らく会社の行動指針『学』が徹底している表れだと考えています。

『絶対積極』が意識づけられている出来事があります。
立ち上げの際は必ず、『今日の失敗を明日へと生かすミーティング』が自然と行われます。

――この一度きりしかないこの日を
「積極的に生きよう」
――苦しいことがあったからといって
「下を向かずに前を向くべき」

念入りなオープン準備や現場教育を行っても、予想外の出来事はおきます。
しかし、そこで落ち込む必要はなく「為せば成る」の精神が必要です。

人生を好転させるのは自分の心の持ちよう次第である、というポジティブ思考集団だからだと思います。

~シアワセを自分から~

世界一のラーメン屋になる。
私達なら出来ます!

■株式会社ギフト
https://www.gift-group.co.jp
Instagram
https://www.instagram.com/giftgroup1/

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

株式会社ギフト

横浜家系ラーメン町田商店からスタートし直営店事業とプロデュース事業を合わせ持ち、海外出店も拡大中の上場企業.赤いハチマキと黒Tシャツがトレードマーク. いつも元気に.どんなときも笑顔で.お客さまはもちろん一緒に働く仲間にも、自分からシアワセを届けていく. 多彩なポジションの社員5名から『シアワセを、自分から。』というビジョンと企業理念を飲食人のみなさんにお届けします.