30代シェフドラン女子の告白 #12

 

Bonjour!
30代シェフドラン女子、酒豪ソムリエール
K子です。

毒舌ばかり吐きまくっている私ですが、
今回からは趣向を変えていきます。
(でも毒舌はやめないわ♡)

題して『庶民派ソムリエールによる必勝!
戦略的試験対策のススメ!!』

フレンチのサービススタッフはもちろん、
ワインを取り扱うお店で働いている方なら、
誰しも1度はソムリエを目指そうと思ったはず。

しかし、現実は簡単じゃない!!
結構、ソムリエ試験に落ちる人もいます。

そんな悩めるソムリエ希望者のために!
ソムリエ試験に合格するための必勝法を
お伝えします!

コミ・ド・ランの皆さん
メモの用意は良いかしら?

負けるな!現場戦士たち!!


突然ですが、みなさんは『ソムリエ』というと、何を連想しますか?
・ワイン
・野菜
・出汁
・オリーブオイル・・・
って、なんじゃそりゃ!!

そもそも、本来ソムリエというのはフランス語で、『ワインの給仕係』のことを指すので、
「ワインソムリエ」というのは、
「頭痛が痛い」と同じ感じになるのです。

ですが、最近では色々なソムリエが現れたので
ワインと付けないと、「何のソムリエですか?」と言われるとこもしばしば・・・

私は、ワインなんて一切飲まなかったのに
仕事を楽しくしようと思って、
ふと5年前に資格を取りました。

はっきり言って、周りの皆さんより、
経験も知識も浅いです。

でも、自負しているのは
一発合格!!
↑↑↑
(どや顔)
というのと、
「お客さまに楽しんで頂きたい!」
という気持ち。

しかし、どうでしょう。
現場で毎日サービスをしている、
現場戦士の私たちが、
わりとよく落ちる!!!!!!

一次試験では私服なので、職種が全然わかりませんが二次試験で制服に着替えると、
CAさんの多いこと!!

あれ・・・?
現場戦士の生存率、低っく!!!やば!!
みたいな状況です。

お客様の前に毎日立っている我々、黒色現場戦士組が飲食以外のきれいどころに負けていいんでしょうか!?二次試験で、少し悔しい気持ちになりました。

さらなる追い打ちは3年前から三次試験制度になり、
昨年からはコンピューターで受験する方式である『CBT』が導入されたことで、どんどんと追い詰められていく・・・

パソコンって!
メカに疎い傾向にある、飲食現場の我々にとって拷問でしかない。

しかも、3次試験までの長丁場。
時間もお金もあまりない我々にとっては苦痛!

こんなことでいいのだろうか・・・?
と思い、少しでもラクに、楽しんで試験に合格できるように筆を執りました。

View this post on Instagram

 


WineBar. Petit MaChérieさん(@petit_macherie)がシェアした投稿

胸にソムリエバッチがあれば、
ワインが美味しくなるか?
お客様が喜ぶか?

といえば、うーん・・・
正しいのですが、大事なのは

どんなソムリエになるか?

であって、
目的がゴールになってはいけないのです!

だから、まずは打席に立つことが大事。

練習して、打席に立つ努力をする

勉強して試験に合格する
という感じでしょうか。

打席に立てたら、あとは自分らしく
バットを振る。時には、サインに合わせた
バッティングをすればいいと思います。

打席に立つまでは長くても、立ってしまえば
こっちのものです。
どんな風にバッティングするかは自由だし。

だから、
・松井秀喜みたいなホームランバッターを目指す
・高橋由伸のような天才打者を目指す
・川相昌弘みたいな職人の道を目指す
・元木大介のような曲者路線を目指す
(↑世代がばれる。笑)
などなど、色々やってみると自分のバッティングスタイルが確立されるはず。

山を越えればあとはラクになれる!
まずは、試験を突破することです!!

ということで、ソムリエ試験合格のために
必須なスローガンを言います。
毎回、都度都度いいますよ!

さあご一緒に、
「負けるな!現場戦士!!」

ソムリエ試験への第一歩は、
まずは気持ちが大事です!
「必ず受かる!!」という気合いが。

ソムリエを目指すコミ・ド・ランの皆さん

まずは気持ちを上げておきましょう!
そして、試験対策をしましょう!!
くじけそうな時はスローガンを思い出して!!

Bon appétit !!

飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。