30代シェフドラン女子の告白 #7

 

Bonjour!
30代シェフドラン女子、酒豪ソムリエール
K子です。

今回は、女性が飲食業界で働き続けるメリットについてお伝えします。

我々には関係な~い♪
と余裕ぶっこいてるメートルの皆さん、
注意して!(今日も毒気たっぷりですわ♡)

飲食女子が働き続けるメリット


飲食業界で女性が働き続ける大変さは、
前回少しお伝えしましたが、それでも長く働き続けてほしいと思ってます。

飲食業界だけではないですが、ひとつの業界に長くいることで、様々なことがプラスになっていきますよね。

長年飲食で働く飲食女子として、
(そこ!「女子?」って聞き返さない!!)

「これが身に付いたから、飲食辞められない!」

と感じたこと2つについてご紹介します。

■メリット1:キャリア形成
若手へのアドバイスにもなりますが、現場では
「どのようなキャリアを積むか?」
によって、30代後半になった時の選択肢が変わります。

ここで、中堅どころのソムリエールとして
ひと言!!

ずっと同じ場所で経験を積むのも大事ですが、
将来設計を立てていくと良いです。

初めは3つの構造を組み立てることから
始めてみると、良いかもしれません。

①こうなって

②こうなって

③こうなりたい!

みたいな感じです。

初めは点でも、それが線に繋がっていくかどうかを考えてみる。

どうすれば繋がるのか、
繋げるためには何をするべきか、
実現可能なのか。

などなど、自然と次のステップに上がるための
イメージができるはずです。


具体的なイメージの例として、
①カフェでカジュアルな接客覚えて

②ホテルでカチッとした感じを覚えて

③高級店で働く!

みたいな感じで、目標に到達するには
何をしなければならないのかが、見えてくるはずです。

目標とか、考えを持って働くと
「あれ、いつの間にか結構いいキャリアになってる♡」
ということに気が付きます。

若いうちに色んなお店を経験することも大事ですが、あちこち短いスパンで出たり入ったりは、
あまりオススメしません。

「結局何がしたいの?」

と自分の人生にとってもプラスになりませんし、新しい就職先にしても何をやりたいのか見えてきません。

「私にはどんなジャンルが向いてるのか?」

と自問自答しながら働くと、きっと答えは見えてくるはずですよ♪
(ボーッと働いてると、妨害しまくるサービスマンと一緒になっちゃうからダメよ♡)

女性の場合、男性より人生が忙しい気がします。
そんな中、無理なくやりがいのある仕事に就くためには、キャリア形成って大事かもしれません。

まだまだ男社会なジャンルも飲食にはあるので、彼らに立ち向かう武器として、キャリア形成しておいて損はありませんよ。
(「あのソムリエを見返してやる!」と頑張ったのは言うまでもないですね。笑)

■メリット2:強くなれる
肉体的に強くなれるので、めったなことでは病気にかかりません。自己管理がしっかりしてる飲食女子が多い気がします。
(病気になりがちなのは、決まって男性かもしれませんね)

でも、一番鍛えられるのはハートです。

精神的に強くなってると気づいてない女子が
多い印象なので、ちょっと客観的な意見を代弁いたします。

ハートが強いって、本当に偉いです。
でも、それだけでは中々誉められないし、
評価につながらない。
お金ももらえない。

それでも毎日、
お客様のためにみんな働いています。

過酷なスケジュールやハラスメントにもめげず!
(ハラスメントは私が成敗する!笑)

渦中にいるうちは気づかないと思いますが、
見ている人は、見てくれています。

絶対に、見てくれている人はいるので。

飲食女子のみなさん
これからも、強くいきましょう。
絶対プラスですよ!!

さぁーて、
今日も飲食女子をサポートするために!
シェフドランたちに立ち向かいますよ!!

Bon appétit !!

飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。