30代シェフドラン女子の告白 #3

 

Bonjour!
30代シェフドラン女子、酒豪ソムリエールK子です。

前回は『上司について』告白させて頂きました。

今回は、若手スタッフの活躍を妨害しまくるサービスマンPさん(男性40代)について、
赤裸々に告白をさせてください!!

ベテランサービスマンPさんを斬る!


どこのお店にも必ずいる、ベテランさん。
知識や経験も豊富。

長く働いているので、常連のお客様の好みやバックボーンも細部まで詳しい。

ここまでだと、価値あるベテランスタッフの姿なのですが、、、、
進行方向を間違えているタイプ、いますよね?

共通項として、
・人の話を聞かない
・非常にプライドが高い
・頑固で生真面目
・出世できずに何年も足踏みをしている
・または降格した

こんな人が、未来ある貴重な若手の芽を摘んでいます。しかも、コソコソやっているので、タチが悪い。(でも、バレてる)

そんな、ベテランサービスマンPさんのエピソードを3つ告白しちゃいます。

Case1 小生意気女子にパワハラ


Pさんは実力ではなく、言葉やモノで攻撃します。
いわゆる『パワハラ』です。

Pさんは、『小生意気な女子』が嫌いです。
具体的に、
・ちょっと生意気で頭の回転が早い
・若者の割に周りからの評価が高い
・ちゃきちゃきした女子
な感じの女子。
これ全部、Pさんイライラしちゃいます。

そして、ド昭和世代なので相手が女子となると
「女が出しゃばるな!」モードが発動、生意気女子を潰そうとします。

Pさんのパワハラ方法をご紹介します。

●とにかく無視
仕事中のコミュニケーションは取らず、何を聞かれても無視。

円滑なオペレーションの妨げは、直にお客様に迷惑をかけることに繋がるのに、ひたすら無視。

●仕事を押し付ける
わざと仕事が立て込んでいるときに、自分の仕事を押し付ける。

段取りの悪さをほぼ、なすりつけて、
「なぜ終わらないんだ!?」
と理不尽に怒鳴る&罵る。

●最後は物理的攻撃
さらには、ゴミ箱、グラスラックなどを蹴り飛ばす&その子を攻撃する。

周りのフォローも虚しく、可哀想なその子はわずか2ヶ月で退職してしまいました。

でも、すぐに辞めてしまったその子は、現在小さなビストロのソムリエとして、楽しくやっているそうです。Pさんのありえない行動・言動の数々は、酒の肴になっていると聞き、安心しました。

飲食女子は、強いですね!

Case2 若手ホープに取り入る

実力のある若手男子が入社すると、Pさんは取り入ろうとします。
しかし、大抵失敗に終わります。

以前にも、
ソムリエコンクールで入賞したことのある若手のホープK君が入社。
フランス語も堪能で誰から見ても明らかに”スター”でした。

そんな彼にPさんは、歯の浮くような賛辞を並べて取り入ろうとします。

しかし、
実力派のK君が、Pさんを尊敬するはずもなく相手にされず、、、

ここで、賛辞を並べていたPさんが豹変します。

●取り入りに失敗したら攻撃する
Pさんは、お客様やスタッフに対し、子供じみた悪口を言いふらすようになります。

「ヤツは勘違いしている」
「コンクールに出る時間があるなら、銀食器でも磨け!!」
と、ひがみっぽく。。。

しかしK君は相手にせず、次なるキャリアを積むためパリへ渡り、三ツ星レストランでバリバリ活躍中です。プライドや強い意志を持って働き、世界を股にかけられる人材は稀有なので、本当に良かったです。
(この辺りから、Pさんは失脚し始めます。。。)

Case3 ネガティブのたれ流し

若手が入社すると、恒例のように始めるのが、
『ネガティブキャンペーン』!!

「あのメートルは自慢ばかりするよ」
「うちの店はグランメゾンで層が厚いから、ずっとシェフドランから上がれないよ。僕みたいに」
「他所のレストランは休みが多くていいよね。僕もそろそろココを出ようかなぁ〜」
などなど。

さらに、
「どうせ若手はどんどん辞めるさ」
って、、、
アンタのせいだから!!

若手の進路を妨害するって、許しがたいですよね。

■サービスマンPを追い込む
期待を持って入社した若手の芽を摘むPさんに対し、風紀委員会(自称)の私は証拠を集めて先日、メートルにチクリました。(笑)

Pさんは当然ですが、ソムリエやシェフドランのタイトルももらえず、とうとう彼の名刺は、店名と氏名だけになりました。

メートル時代もはるか昔、
深刻な状況に追い込まれていることに今更気づいたPさんですが、改心も認められず失脚コースまっしぐらです。

ベテランが若手の芽を潰してしまうのは非常に勿体ないことです。

でも、Pさんのような人はたくさんいて、今回告白したエピソードが日常的に起きています。

価値ある若い人材を育てて、層を厚くするためには、中堅どころがクッションとなり、Pさんのようなベテランの毒牙から、若手たちを守れるようにしなければいけません。

私も頑張らないと!

次回もどんどん毒を吐いていきますよ♪
ギャルソンの皆さん、心して☆

Bon appétit !!

飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。