30代女子のヨーロッパ豪遊旅行記 #4

 

ブエナスタルデス!(スペイン語で『こんにちは』)
フレンチレストランのキッチンスタッフとして働いている30代女子です。

前回まではフランスで3日間をお伝えしましたが、今回からはスペイン篇です!
バルやスーパーマーケットなどを堪能してきたので、ご紹介します♪

南スペイン・マラガに到着!

↑マラガの夜景!めっちゃキレイ♪

約2時間のフライト(by LCC)で、南スペインに位置するマラガへ到着!
もっと田舎のショボい空港を想像してたけど、マラガ空港、案外栄えてましたw(*゚o゚*)w

空港からは電車で市内に移動。ここでも降りる駅を間違える。笑
(乗り間違えは、この旅行の定番化しつつある・・・)

何とかマラガ駅に到着しタクシーでホテルへ。夜遅い時間だったけどタクシーの運転手さんは親切だし、治安は良さそう♡
(最初からタクシーの方が早くて安かったような・・・。笑)

↑ホテルは海岸沿いの『マリオットホテル』

部屋に入った瞬間、広ーい♡と感激。
(フランス編では書かなかったけど、実はパリのホテルは、狭かった・・・)

マラガで大人気のバル『El Pimpi(エル・ピンピ)』へ


少し休んでバルへ!
ホテルから5分程歩いたところにあるEl Pimpi(エル・ピンピ)。
マラガでは知らない人はいないほど、地元でも人気のバル。

メニューはスペイン語だけじゃなく英語のメニューもあるので安心。
アルコールのお値段は€2〜€3(約3〜400円)。安いー!!

↑サラダとサーモンを注文したら、すごーく大きなサーモンが。笑

↑美味しかったけどすごい量。

お会計は2人で€42(約5500円)。パリが高かったこともあり安さに感激!
(しかし、マラガにしては高いことを後で知ることになります・・・)

マラガは外国とは思えないくらい治安が良く、夜遅くまで街は賑わっていましたー。

スペイン2日目はマラガ市内散策!


スペイン2日目の朝から、マラガ市内を散策。
ふらっと寄ったアタラサナス中央市場が思いのほか充実してる!!

↑珍しいフルーツやら

↑お野菜やら。

↑お肉も充実♪さすがスペイン!

↑キノコ類もこんなにたくさん!

あとスパイス!!
特にサフランが安くてびっくり!2.5gで€2(約300円)、日本だったらその10倍でも買えないかも。

人気のカフェ『Casa Aranda』へ


フラフラしているとお腹が空いたので朝ごはんに。すごく賑わっているお店があり、このお店ではみんなチュロスを食べている。しかも、コーヒーカップに入ったチョコレートにひたしながら。

美味しそう〜。後から調べてみたら『Casa Aranda(カサ・アランダ)』という、マラガで人気のお店でした。


暖かいコーヒーとサンドイッチ&チュロスとホットチョコレートを注文。

ホットチョコレートに浸して食べるチュロス、美味し過ぎる~♡(油と糖質、完璧な組み合わせ。笑)

あまりの美味しさにチュロスおかわりしたかったけど我慢。

 
お腹も満たされたので再び市内散策へ。


スペインの田舎町の物価は恐ろしいです!!
ビールが€0.52€(約100円)。お財布に優しい!!
Cavaもほぼ€10(約1,300円)以下。安いー。

↑昼ビール最高!!


その他、お水、ヨーグルト、お土産用の缶詰のオリーブ、イベリコ豚の生ハム、ホワイトアスパラの瓶詰などなど購入。いずれも安いー。
全部で€17(約2.000円)。驚き。

 
次ページは引き続き、夜遅くまでマラガを堪能したお話をお伝えします。

1 2
飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。