【編集部突撃レポート】ミシュランスターシェフが手掛けるタパス&グリル料理店『ADRIFT by DAVID MYERS』

 

こんにちは!飲食人研究所編集部です。
今回は編集部イチ!新しもの好きでそろそろアラサー卒業のグルメ男子が突撃レポート!
2018年11月18日に丸の内エリアにオープンした、タパス&グリル料理店に行って参りました。さっそく覗いてみましょう。

新スポット!丸の内・二重橋スクエアにオープンした
タパス&グリル料理店『ADRIFT by DAVID MYERS』


2018年も残すところあとわずかですが、平成最後の冬に行っておきたい新スポット!丸の内・二重橋スクエアに行って参りました。
丸の内・二重橋スクエアは、2018年10月15日に誕生した『丸の内二重橋ビル』の地下1階から2階に集積する商業ゾーンです。

今回お邪魔したのは、2018年11月8日にオープンしたばかりのタパス&グリル料理店『ADRIFT by DAVID MYERS(アドリフト・バイ・デイヴィッド・マイヤーズ)』です。こちらのお店は、アメリカ出身のフレンチシェフ『デイビッド・マイヤーズ』氏が監修したお店です。

デイビット・マイヤーズ氏は、3年連続でミシュラン一ツ星を獲得した高級フレンチレストラン『SONA』を皮切りに、アメリカ・ロサンゼルスエリアに次々と話題のレストランをオープンさせました。”西海岸のレストランフードのパイオニア”と称賛されています。現在、マイヤーズ氏が監修するレストランは、シンガポールやドバイ、日本などアジア・中東を中心に世界に広がっています。

シェフのお任せコースを堪能


まず席について、最初の1杯はビールを注文。
お通しで出てきたオリーブのおつまみは、見た目もオシャレで美味しく、ビールとの相性もバッチリでした。

今回オーダーしたのは、”シェフのお任せ6コースメニュー”
コースメニューは、季節や仕入れた食材によって、内容は異なるそうです。


次々と運ばれてくるお料理は、どれも他では味わえないような、ひと味違う味付けでとっても美味しい!


大きなお鍋で登場したパエリアは、ムール貝やエビが豪快に盛り付けられていて見た目も迫力満点!
ニンニクの風味も効いていて、こちらもとても美味でした。
そしてメインディッシュ・・・の前に、お肉料理と言えばワイン!という事で、豊富な種類の中からオススメを店員さんに選んでもらい注文。


準備が整ったところで、いよいよメインディッシュのお肉料理が運ばれてきます。


鶏と牛2種類のステーキが盛り付けられた、なんとも贅沢なひと品!
牛肉のステーキは程よい脂身でとっても美味しい!鶏肉のグリルは、ナイフでホロっと切れてしまうくらい柔らかくてジューシーでした。
こちらもすごく美味しくて、もちろんワインとも相性抜群!

最後はデザート


チュロスとチョコレートケーキ。
どちらも上品な甘さで、アイスクリームやソースをつけて食べると、また違った味を楽しむことが出来ます。紅茶と共に美味しく頂きました。


スペイン料理は、あまり日本に馴染みがない業態かと思いますが、日本人にも親しみやすい味付けで、どのメニューも美味しく頂くことが出来ました。
今回オーダーしたコース料理は、男性でもボリューミーで満足度高かったです。

店内は広々としたオシャレな空間で、仕事帰りのOLの方やサラリーマンの方で賑わっていました。テーブル席はもちろん、カウンター席も用意されていて1人でも気軽に立ち寄ることが出来そうです。

デイリーにも特別な日にも利用できる、とても素敵なお店なので、皆さんも是非!!足を運んでみてはいかがでしょうか?

■ADRIFT by DAVID MYERS(アドリフト・バイ・デイヴィッド・マイヤーズ)■
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル1F
Tel:03-6256-0966
食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13227783/

飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。