30代女子のヨーロッパ豪遊旅行記 #3

 

ボンジュール!
フレンチレストランのキッチンスタッフとして働いている30代女子です。
前回に引き続き、パリで過ごした2日間を一気に紹介します!
最後までお付き合いください♪

メダイユ(メダル)を求めて『奇跡の教会』へ

お買い物の次は、ボン・マルシェ近くにある『奇跡のメダイユ教会』と呼ばれている『シャペル・ノートルダム・ドゥ・ラ・メダイユ・ミラキュルーズ』へ。

メダイユとはフランス語で『メダル』のこと。
この教会で販売されている「奇跡のメダイユ」を求めて世界中から観光客が訪れるのだそう。

↑教会内は厳かな雰囲気

なんで『奇跡のメダイユ教会』と呼ばれているのかと言うと、聖母マリアのお告げを受けた聖カタリーナの遺体が腐らずに眠っている場所だから!(by ガイドブック情報)
その聖カタリーナが身につけていたメダルを身につけると、大きな恵みがもらえるらしく、同じ形のメダルを買い求めに世界中から人が来てる!(これも ガイドブック情報。笑)

行った時間がちょうどミサが始まる前だったみたいで、小さな教会の中は地元の信者さんらしい人でいっぱい。邪魔にならないよう、早々に売店に移動。世界各国、色んな人でごった返していましたがアジア人は皆無。信心深い気持ちでメダルを購入している方が多いように感じました。(信心深くなくてスミマセン・・・)

日本未上陸の人気チョコレート『ジャックジュナン』店へ!

メダルを購入できたので、次は、お目当てのチョコレート屋さんを目指します。

まだ日本に上陸していないパリの人気チョコレート店『Jacques genin(ジャックジュナン)』!!

↑外観からして素敵感満載。笑


モダンな店内には、色んなフレーバーのチョコが宝石みたいに飾られていて本当に綺麗。
そして、お値段は意外にもリーズナブル。好きなフレーバーチョコを選び、金額は9粒で€12(約1500円)。

ワインショップ『ニコラ』はシャンパンがめちゃ安っ!

あっと言う間に夕方。
急いでパリで一番オシャレなエリア『マレ(表参道みたいなところ)』に向かい、人気のセレクトショップ『Merci(メルシー)』へ。

↑入り口もオシャレなセレクトショップ『メルシー』

人気のお店なので、お会計が20分待ち!
お洒落だったけど、正直なところ、日本でも買える(むしろ日本の方が安い?)印象で、ここでは何も購入せず。

マレから中心部に移動。
ディナーのお店に向かう前に老舗のワインショップ『ニコラ』へ立ち寄り。

日本だと、どんなに安くても5,000円はするシャンパン(スパークリングワインではありません)が€20台(3,000円以下!!)から揃っています!!さらに、東京のお店で頼むとボトル2万円は軽いよね・・・ってシャンパンが1万円以下です!!

ワインがお好きな方には堪らないスポットです。『ニコラ』でしっかりと試飲して下地(自分たちの。笑)を作ったうえでディナーのお店に向かいます♡

次ページでは、パリでも人気レストラン『ビアン・エルヴェ』でディナーを堪能したお話をお伝えします。

1 2 3
飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。