⑤慎重ウサギタイプ:物事の判断は何事も慎重!

 

慎重ウサギタイプ
のあなたはどんな人?

人や物事に対して慎重なところがあり、
落ち着いて判断しようとします。

物事をうのみにせず、自分の頭で考えて理解する力があります。一方、人に心を開くのが苦手で、人間関係でストレスを感じやすいところも。
コミュニケーション不足から、「あの人は〇〇だ」とレッテルを貼ってしまうこともあります。

怒りのクセ
起こりやすいトラブル

・人にレッテルを貼ってしまい、誤解を生みやすい
・人を信じるのが苦手で、うまく甘えられずストレスがたまる
・周囲へのひがみや妬みが怒りに変わることもある

イライラを減らすには?

・人を決めつけない
思い込みを手放し、周りの人を
丁寧に観察してみましょう。
相手を理解できれば、
コミュニケーションもスムーズに。

・小さなことから頼る
手の届かないものを取ってもらうなど、
ハードルの低いことから甘えてみましょう。
人に心を開きやすくなります。

・人と比べない
周囲へのひがみにとらわれてしまったら、
自分の長所に目を向けましょう。
人との比較をやめると、心が落ち着きます。

自分の怒りタイプ、いかがでしたでしょうか。
「わかるわかる。そうなんだよ~」
という方もいれば
「いや、俺はそんな怒り方はしてない!」
と思われた方も、もしかしたらいるかもしれません。

その日の体調や気分によっても、別の怒りタイプが顔を出すこともあります。
その時々の自分に合った『イライラを減らすための3ポイント』を実践してみてくださいね。

第二回は『上手な怒り方』についてお伝えします。
「急に爆発してしまうから、
ちょうどいい具合に怒りを伝えたい」
「本当は怒っているんだけれど、
うまく伝えられなくてストレスがたまる」
というお悩みをお持ちの方、その悩みから解消されるチャンスです!
次回もお楽しみに。

怒りタイプ診断に戻る

■飲食人研究所
Instagram
https://www.instagram.com/inshokujin/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCyk-TmTE7baNy7ibpLuggWA/

飲食人研究所 編集部

「飲食人参加型!」というコンセプトの元、店長・広報・社長まで飲食に関わるプロフェッショナルから、様々な「役に立つ」「知らなかった」「あるある!」情報を受け取り発信します。 その他にも編集部発信で、飲食にまつわる雑学、平日休みでも遊びやすいレジャー情報、休憩時間にさっと見て癒されるペット動画などたくさんのコンテンツをお届けします。